看護士になるには資格の取れる学校へ入学することがスタート

看護士になるには、まず高校を卒業した後、文部科学省指定の看護学部もしくは看護学科のある4年制大学または3年制短期大学、または厚生労働大臣指定の3年制の看護専門学校に入学することが必要となります。高校で看護科に入学する方法もあります。この場合は学校にもよりますが、5年一貫看護師養成課程として、5年の修了課程で看護師国家試験受験資格が得られることになります。看護の基礎や専門知識、実習をこなしてこれらの学校を卒業すると、そこでようやく看護師国家試験の受験資格を得ることができます。この国家試験に合格して晴れて看護士となれます。看護士になるにはその他に、知識や技術、病気などで精神的に不安定になっている患者を優しくいたわることのできる気遣いとコミュニケーションが必要とされます。看護学校を受験する際には、必ず面接があります。適性だけではなく、求められるコミュニケーションが取れるのかが判断されます。また、看護士になるには体力も必要となってくるので、勉強だけではなく日々の体力作りも大切です。

看護士の資格は国家試験

看護士になるには高校卒業後に専修学校などの看護士養成所で3年間勉強します。看護系の大学では4年間、看護系短期大学では3年間の勉強が必要です。その後看護師資格取得のために看護師国家試験を受験して合格する必要があります。准看護士の資格は准看護師養成学校、高校の衛生看護科で看護の勉強をしてから各都道府県の准看護師試験に合格して知事の免許が必要です。認定看護師は日本の保健師、看護士、助産師のいずれかの資格があり実務経験が通算5年以上ありその内3年間特定の看護分野の経験が必要となります。専門看護士は看護大学大学院修士修了、特定の専門分野単位を取得しているなどの諸条件が必要になります。看護学校では基礎分野と専門分野を学習し、講義と実習で看護学を学びます。現場で実際に仕事に携わる実習は大切です。学習以外にも学ぶ事は多く、仕事をしていくためには医師や患者さんとのコミュニケーションが大切です。患者さんの不安を取り除くのも大事な仕事ですから看護の専門家としての学習も必要になります。

看護士になるためのボーダーとは

看護士に転職をする人が増えてきています。看護士はとても責任の重い仕事ですが、それだけにやりがいがありますし、一昔前までは不足していたので、転職すると祝い金をもらえるキャンペーンも沢山やっていました。看護士は年収が高い人が多いです。しかし、それには理由があります。年収の分だけ仕事の負荷が大きいのです。夜勤もありますし、急な呼び出しも日常茶飯事です。それだけ、やりがいのある仕事ともいえます。仕事の内容は患者をフォローしてケアを行うことです。そのためには豊富なスキルと細やかな優しさが必要です。特に優しさは必須条件であるため、それがあるかないかが大きなボーダーラインとなります。そのボーダーラインを超えるためには、日頃からお年寄りなどに優しくしなければなりません。急に優しくなるのは無理なので、看護士への転職をするなら、このボーダーラインを超えることをしっかり意識して準備を行いましょう。ある意味、資格を取るよりよっぽど重要なことです。

看護士になるための大学について

将来看護士になりたいという学生さんはは、どのような進路を選択すれば良いのでしょうか。高校を卒業すると同時に看護専門学校や看護系の短大、看護系の大学に進学する必要があります。このうち看護専門学校と短大に行った場合は3年間通うことになり、大学を選んだ場合は4年間通います。必要な課程を修了したら、看護士の国家試験を受験します。国家試験に受かれば晴れて看護士として働けるようになるのです。看護系大学では様々なカリキュラムが用意されており、充実した学習内容が揃っています。看護論をはじめ、療養看護、家族看護等幅広い内容を学習して知識を身につけていきます。看護士になるには実習が欠かせませんから、学内で実習するだけでなく病院にも行って実習を重ねます。病院には多くの患者さんがいるので、実習を通して経験を積み重ねることができるのです。自分が通う学校を決める時は通いやすさや学費、カリキュラムの内容等を比較しながら選ぶといいでしょう。慣れてきたら夜勤のみの働き方にも憧れる(給料がいいから)事でしょう。そんな時は夜勤専従の看護師求人ランキング【バイトも常勤もあるよ】などの夜勤の求人を絞り込めるようなサイトを有効活用しましょうね。

受験者も増えている看護士受験の合格率

医療の世界でなくてはならない存在が、看護士の職業です。毎年たくさんのナースが、専門ガッコぷなどを巣立って、医療の現場へと進んでいきます、そんな看護師資格の合格率ですが、約90%くらいです。医療系の資格の中でも、合格率は高いと言えます。看護士を職業として行くためには、国家資格である試験にパスする必要があり、看護士免許を取得する必要があります。高い合格率を知っておくことで、モチベーションにもつながりやすくなるかもしれません。受験者の数としても、年々増えている傾向になります。学校で勉強をしっかりとすることにより、試験はパスできる医療資格の難易度でもあります。受験資格は、文部科学大臣の指定学校で、3年以上学び必須の学科を終了することが条件となります。ナースになるための国家試験の日程は、毎年2月です。試験科目は、基礎看護学や成人看護学、小児看護学や母性看護学など、幅も広いですが、学んできたことの集大成ですから、落ち着いて試験に臨むことです。

このページの先頭へ